エレクトーン 宅配

エレクトーンの宅配を簡単に格安にする方法

エレクトーン 宅配

エレクトーン 配送

エレクトーン 宅配便

エレクトーン 郵送

 

エレクトーンは冷蔵庫並みの重さがあり、とても高価な楽器なため、運搬には気を使いますね。
ピアノやエレクトーンの専門業者もありますが、宅配費用が結構かかります。

 

宅配費用が抑えられる可能性があるのは、ライバルの多い引越し業者です。

 

実は引越し業者は、エレクトーンだけでも運んでくれます。
ただ扱っていない引越し業者もありますので、引越し業者の一括見積もりで探すのがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

いちいち1社ずつ電話をかけて運んでくれるか調べ、見積もりを依頼するというのは大変です。

 

一括見積もりなら、1度の情報入力でピアノやエレクトーンを運んでくれる業者を複数探すことができます。
何社か見積もりが出れば、1番安い業者も簡単に見つけることが出来るのです。
ぜひお試しくださいね!

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しの繁忙期とは?

 

引越し繁忙期

 

引越しは3月が猛烈に忙しく、この時期を繁忙期と言います。
繁忙期の理由は受験戦争から解放された新大学生や、就職活動を頑張った新社会人が4月の新学期を目指して一斉に引越しを行うからです。
さらに春の人事異動により、転勤が決まったサラリーマン一家の引越しも重なって、もはや猫の手も借りたい忙しさになるのです。

 

ですからこの時期にエレクトーンだけを運びたいという依頼はあまりオススメできません。
できれば繁忙期を避けてくださいね。

 

なぜなら繁忙期は引越し費用が高めに設定されているからです。
わざわざ高い時期に移動しなければならない理由がある方以外はこの時期は避けたほうが無難です。

 

それでも繁忙期に引越ししなければならないなら、新居の住所が決まったらすぐに複数の業者に見積もりを依頼して、契約しておきましょう。
先延ばしになればなるほど、条件の良い引越し業者は予約が埋まってしまいます。
善は急げ、時は金なりです。

 

 

引越しの手順を知っておくと便利です。

 

引越しの手順

 

引越しはすることが多いので、先におおまかな手順を確認しておくと便利です。
ぜひ一度ご確認くださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

さて引越しといえば引越し業者を決めなければなりませんね。

 

しかし引越し費用は新居のエレベーターの有無でも金額が変わりますから、新居が決まらないと正確な見積もりが出せないのです。
引越し業者への見積もりのタイミングとしては、新居が決定したらすぐがオススメです。

 

引越し料金は荷物が多いほど大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンが必要となりますから、費用が高くなります。
ですから引越しの前に不用品はどんどん処分して荷物を減らし、使わないものから梱包していきましょう。

 

市外への引越しは、市町村役場で転出届を提出しておきましょう。引越しの2週間前から提出することができます。
出し忘れると前の市まで提出しに戻ったり、役所に連絡して郵送してもらって再び送り返すなどの手間がかかります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

引越しの2週間くらい前になると電気・ガス・水道会社に連絡をして、引越し日までの費用を日割りで精算してもらいましょう。
手続きの方法は会社よって異なりますので、まずは電話連絡をしてください。
同一市内の引越しなら、引越し日に新居で電気・ガス・水道を使えるように手配できます。

 

さて新居に郵便物が届かないのは不便ですね。
最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出すれば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この1年間に引越ししましたという連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしておきましょう。

 

引越しの当日は搬送作業はすべて引越し業者におまかせして、あなたは家財の配置を指示してください。
あらかじめ決めて紙に書いておくととても便利です。
しかし貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運んだ方が安心です。
これらは破損して保険を使ってもお金で解決できるものではありませんので、大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら転居届を市外引越しなた転入届を提出しましょう。
これで役所からの選挙のお知らせなどが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更をお知らせしてくださいね。
うっかり忘れがちなので、早めに行ってくださいね。

 

 

 

 

 

 

単身 引っ越し 相場 エレクトーン 運搬 エレクトーン 配送 ベッド を 送る